SYOKU-YABO – 食の野望

SYOKU-YABOの主張

野菜の規格って何??
一箇所でも虫に食われていたら、ちょっとでも形が悪かったら、それは規格外とされ流通出来なくなります。味にはなんの遜色もないのに・・・誰が悪い?生産者?流通業者?販売店?SYOKU-YABOは消費者の意識を変えることによってそれらの野菜が廃棄されたり加工品などの二次利用されるのでは無く、堂々と主役の野菜として扱われるようになると信じています。
無農薬栽培・有農薬栽培
農薬が必要か不必要か?これは立場によって色々な意見があります。SYOKU-YABOでは、自分達が色々と実践していく事によってどうすべきなのかを考えていきます。ただ、基本的には環境に負荷のないよう、農薬、化学肥料は使うべきではないと考えます。
引き算の料理方法
せっかく美味しい野菜を使っても火を通しすぎたり、変にスパイスを入れたりでは本来の味が損なわれてしまう・・・素材の味を十分に引き立たせる料理、それこそが引き算の料理なのです。
温故知新
伝統食には現代では忘れられている素晴らしい技術が多く詰まっています。醗酵食文化、加工技術、 伝統に学びながら新しい物を作り上げる喜びを考えていきます。
↑ページ上部へ戻る