鍋の季節ですね~

ここ数日、美味しい鍋を立て続けに食べました。

先ずは料理家である友人、奥田ここ作の金目鯛のみぞれ鍋。
金目のアラと昆布で出汁を取り、その中に大根のみぞれおろしをたっぷりといれ、金目の身、ネギ、白菜、豆腐をポン酢(柑橘と醤油のみ)につけて食べる鍋。
上品かつ洗練された素晴らしい味わいでした。

※奥田ここweb
http://chisou.typepad.jp/

そして次なるは、マグロの脳天の身とネギだけが具材のねぎま鍋。
脳天は脂の多い部位であり、普通の赤身ではこの鍋の場合はあまり美味しくない。また、ネギは下仁田ネギ。
太くて甘いネギと余分な脂が抜けたマグロの相性は抜群です。
この鍋には、白菜やその他野菜は一切入れないほうが美味しいのです。


(c)はのち

美味しいものを食べると、何よりも幸せな時間を過ごすことができますね。
ただ、あまりにも美味しすぎて呑みすぎてしまうのが困ったものです。
この鍋を食べた次の日は、二日酔いで苦しんだのは言うまでもありません。
楽しみの後の苦しみ、やめればよいのに、それでもまた呑んでしまうんだな~
鍋の美味しい季節なもんで。