9月からの新メニュー!!

夏の間は冷汁飯が大人気でした!
SYOKU-YABOの自信作だったので嬉しい限りです。

9月に入ったので、二つ新メニューが登場します。
(食材の仕入れの都合で水曜日からになります)

一つは根菜かて飯。
人参と牛蒡を醤油で味付けご飯と混ぜ合わせ、魚と三つ葉を
塩麹で味付けた具材を上に乗せたもの。
日本のソールフードですよ!

もう一つ、
多くのリクエストがあったので、白炒飯復活です!
良く勘違いされがちですが、卵の黄身の色は飼料によって
変化します。
よって、濃いオレンジ色が良い卵の証というのは誤解です。
SYOKU-YABOで使用している卵は配合飼料や抗生物質を
与えず、米を与えている鶏の卵(100%米ではない)。
だから黄味の色が白っぽいのです。
白炒飯とはこの卵とネギと塩だけでつくる炒飯。
米の美味さ(長野県産コシヒカリ)、塩の甘さ(高知県天日塩)、
卵のこくを存分に味わえる、至ってシンプルな炒飯なのです。

でもね、こういった味ってなかなか理解されません。
チャーシューを入れた方が美味しい、味が物足りない、といった
意見も当然あるでしょう。
こんな料理が「最高だ~!」と言っているようでは、いつまで
経ってもSYOKU-YABOは繁盛店になりそうもないですな~
俺って飲食店経営に向いてないのかもな(笑)。

白炒飯