今日も念のためお休み

人体に影響を与える量ではないとの事ですが、昨日横須賀でも放射線量が一時上昇し、通常の8倍程度測定されたようです。
大騒ぎするほどの事ではないのですが、済んだ事故ではなく、継続している事故という事もあり、今日は念のためお休みします。

この休みの間に、たまりにたまった事務仕事を片付けようかと思っています。

放射線といえば、僕の1歳3ヶ月になる息子は生まれてからすぐに脳室内出血、出血後水頭症という病気になり、今までに十数回もCTスキャンの診察を受けています。要するに放射線を多くあびています。
それは決して良いことではないのですが、原子力発電所だけではなく、日常的に放射線は多かれ少なかれ存在しているわけです。
あまり過敏になりすぎず、冷静に対応するしかないですよね。

それにしても久しぶりにテレビをつけっぱなしで生活をしていましたが、
民法のテレビ局は相変わらず酷いですね。
ドラマ仕立てでBGMをいれながら悲惨な状況を映し出す。
涙を誘い出すがための被災者へのインタビュー。
真実を話さない御用学者達。

また、
誰かを攻めれば、誰かを敵にすれば憤りの矛先になるのかもしれませんが、
とりあえず今は東京電力の対応(計画停電の件)を攻めている場合ではないと思うんだけどな。
事故の件に関しては対応が遅いのは否めないんだけど。

これを機に原子力発電所がなくなることを皆で願いましょう。
莫大な金を使って原子力の方向に向かうのであれば、自然エネルギーの可能性をもっと真剣に模索したいものです。