葉山町長選挙

正月は3日間休みだったので、
子供を連れて森戸海岸まで散歩にいきました。
葉山に引っ越してから2年ちょっと、情けないことに初めて子供を海に
連れて行くことが出来ました。
休みの日はいつも雨空なので、なかなか散歩にも行けないのです。

そのまま、隣にある真名瀬海岸も歩いてきました。
葉山在住の方なら知っていると思いますが、数年前にこの場所に
遊歩道を作る計画が持ち上がりました。
住民の反対もあってその計画は立ち消え状態ではありますが、
今後はどうなるのでしょう。

もうすぐ、僕の住む町、葉山町長選挙があります。
これらの開発を推進してきた方、反対の考え方を持ち
町民目線でしっかりとした政策を練っている方、
そして現町長の三つ巴の戦いになります。

最近、よく思う事があります。
俯瞰的に物事をみないと全体像は絶対に見えてこないと。
例えば、音楽のアレンジもそうです。
ギターのフレーズをどうしようかな、ピアノの音色をどうしようかな、
と単体にアレンジを進めていくと出来上がった作品は一瞬は良く思えても、
何年か後には何故か色あせて聴こえてしまう。
ビートルズの音楽が今でも高い支持を受け、色あせなく聴こえるのは、
ジョージマーティンという名プロデューサーが俯瞰的で的確なアレンジを
施したからだと思います。
時代背景も含め、俯瞰的にアーティストを育てていく。
だからこそ、ビートルズはビートルズであり続けるのでしょう。
リンゴスターのドラムを聴いてください。
子供でも叩けそうな簡単なリズムを叩いていますが、そのシンプルなリズムが楽曲を物凄く
引立たせています。決して技巧的に走らず、俯瞰的なアレンジをしている良い例です。

葉山町選挙。

この町を良くしてくれるのは、何代にも渡って葉山に住み、役場職員や
地元企業等と馴れ合いの付き合いをしていない人、客観的にそして俯瞰的に
町を見ることが出来る人間こそがふさわしいと僕は思います。
昨今のオリンパスの問題であれ、日産を立ち直したゴーンであれ、
やはり外部の人間が客観性を持って対処した結果なのです。

葉山町は物凄い額の借金を背負い、それでいて町職員、議員の給与は
全自治体の中でもトップクラスだそうです。
まずは自分達の身を削り、葉山町を俯瞰的に捉え、そして的確な政策を推進していく。
そのような事が出来るのは、たった一人の候補しかいないと僕は考えています。
若く、そしてエネルギーに満ち溢れ、しっかりとしたビジョンを持った人間です。

葉山町にお住まいの皆さん、どうか無関心にならず、町政の内情を調べてください。
そして自分の判断で町の行方を担うだろう候補者に投票してください。
投票日は15日、あと1週間です。
できるだけ多くの町民に声をかけてください。
誰のためでなく、この町に住む自分自身のために。

僕の2歳になる子供が真名瀬海岸で小さな貝殻を拾いました。
寒さで鼻を真っ赤にしながら、そして自慢げに僕にその貝を差し出しました。
子供にとっての小さな発見や喜び、それが僕にとっての大きな幸福感です。

この葉山町が一部の政治家や大人達の倫理観にそまらず、
綺麗なままの町であるように、僕は心のそこから願っています。

眞中やす