ソールフード

SYOKU-YABO農園には、小さな小さな田んぼがあります。
今年の春、近所の子供達と一緒に田植えをしました。
まずは雑草におおわれていた田んぼの草を刈り、皆で泥んこになりながらドッチボール。
目的は田起こしのため。
そして、子供達、そのお父さん、お母さんと一緒に苗を植えていったのです。
当然、手で植えていくので間隔はめちゃくちゃだし、倒れてしまった苗もありました。
肥料や堆肥は一切入れず、自然のまま。

「これで本当にお米が育つのかな??」
小さな子供がつぶやいていたのを覚えています。

そして11月。
夏の猛暑の影響で病気になった稲もありましたが、無事に収獲!
なんと15kgもお米がとれたのです。

で、本日。
そのお米を参加してくれた人達と一緒に食べました。
普段はかてめし(混ぜご飯)としてお米を調理するのですが、今日はお米の味を存分に味わうため、白飯のまま食べました。そして米は7部搗きにしました。

「お米を収獲したら、皆で食べよう!」

田植え初日に約束した夢のような話。
それが今日実現したのです!

子供達はどういう気持ちでお米を食べたんだろうな~・・・

また来年も皆で泥まみれになりながら、米を作りたいな~

皆、ありがとうね!

田んぼ全景 田植え全景 泥遊び
ドッジボール 田植え 田植え2
田植え3 田植え後 Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 米
集合写真 RIMG0255 定食